HOME>トピックス>スピーディーな活動を行うために用いる企業もあります

似たようなものとの違いは何か

様々な活動に利用する資金の調達に苦心している企業も多い中、そうした企業に選ばれている調達法に事業者ローンがあります。色々な資金調達法がある中、事業者ローンを利用する最大の理由に短期的に不足している資金を補填したいという理由が多いようです。事業者ローンは、他のローンや融資と違い担保を必要とせず、連帯保証人も不要です。それらを探す時間が省けるため、スピード感を持って活動をしていきたいという企業が活用しています。さらにスピード感を大事にしたいという企業は、銀行等の金融機関よりスピード審査をしてくれる、ノンバンク系の事業者ローンを優先的に活用しているようです。

気軽に調達出来るという魅力もあります

また、事業者ローンは小口の資金調達を素早く行ってくれるという利点もあります。すぐに少しの資金が欲しいという場合以外にも、中小零細企業等の大きな資金は必要としない企業でも気軽に使えるという魅力も、選ばれている理由です。

総量規制の対象になっていません

事業者ローンは、貸金業法の総量規制の対象外です。総量規制は事業資金に利用する借入の場合は対象外になり、事業者ローンはこの対象外の物になります。これにより、総量規制により融資を受ける事が出来なかった個人事業主が事業者ローンを活用するというケースも増加傾向にあります。

広告募集中